おれの屍を越えていけ

技術ブログの予定

Markdown記法まとめ

平家物語

祇園精舎

原文1

祇園精舎の鐘の声諸行無常の響あり娑羅双樹の花の色盛者必衰の理を顕す
奢れる人も久しからず ただ春の夜の夢の如し猛き者もつひには滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ


遠く異朝を訪へば秦の趙高漢の王莽梁の周伊唐の禄山

これらは皆旧主先皇の政にも従はず楽しみを極め諫めをも思ひ入れず

天下の乱れん事を悟らずして民間の憂ふる所を知らざりしかば久しからずして亡じにし者共なり

  • 近く本朝を窺ふに承平の将門天慶の純友康和の義親平治の信頼
    • これらは猛き心も奢れる事も皆とりどりにこそありしか

  1. 間近くは六波羅の入道前太政大臣朝臣清盛公と申し人の有様伝へ承るこそ心も詞も及ばれね
  2. その先祖を尋ぬれば
  3. 桓武天皇第五の皇子一品式部卿葛原親王九代の後胤讃岐守正盛が孫刑部卿忠盛朝臣の嫡男なり…
#平家物語
##祇園精舎
###原文[^1]
祇園精舎の鐘の声諸行無常の響あり娑羅双樹の花の色盛者必衰の理を顕す  
*奢れる人も久しからず* **ただ春の夜の夢の如し猛き者もつひには滅びぬ** ***偏に風の前の塵に同じ***

---
> #遠く異朝を訪へば秦の趙高漢の王莽梁の周伊唐の禄山
>これらは皆旧主先皇の政にも従はず楽しみを極め諫めをも思ひ入れず
>>天下の乱れん事を悟らずして民間の憂ふる所を知らざりしかば久しからずして亡じにし者共なり


    
- 近く本朝を窺ふに承平の将門天慶の純友康和の義親平治の信頼
    - これらは猛き心も奢れる事も皆とりどりにこそありしか

---
1. 間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申し人の有様伝へ承るこそ心も詞も及ばれね
2. その先祖を尋ぬれば
3. 桓武天皇第五の皇子一品式部卿葛原親王九代の後胤讃岐守正盛が孫刑部卿忠盛朝臣の嫡男なり...  

[^1]: [日本古典文学摘集 平家物語 巻第一](http://www.koten.net/heike/gen/001.html)

「*」や「-」から始めることでリスト(箇条書き)にでき、「1.」や「2.」で数字付きリストにできる。しかし、これらを混ざると、すべてがリストになってしまう。例えば、* - 1. 2.なのに

  • a
  • b
  • c
  • d

そのため、混ぜるときは、「—」などを使って仕切りを作る必要がある。

  • a
  • b

  1. c
  2. d